高野病院院長、火災で死亡で県も支援を検討/福島

福島原発事故後に避難せず診療を続けてきた福島県広野町、
高野病院の高野英男院長(81)が昨年12月30日の火災で亡くなりました。

常勤医は高野院長のみでこの火災で高野病院は常勤医が不在となりました。
内堀雅雄知事は4日の年頭記者会見で高野病院に対して支援の在り方を検討する考えを示しました。

支援の具体策について県は、高野病院を運営する医療法人社団養高会との協議の上検討していくとのことです。

同病院は原発事故後、双葉郡で唯一入院患者を受け入れており、県は早急な対応を検討しています。
県が民間病院を個別に支援するのは異例です。双葉地域の医療を守るため行政も動き始めました。

ニュース動画

関連記事

東北のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews TOHOKUの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です