いわきFC新体制発表/福島

いわきFC公式サイトより

サッカーのJリーグ参入を目指すいわきFC(県社会人リーグ1部)の2017年シーズン新体制発表会が19日、いわき市で開かれました。

トップチームの選手25人が17年シーズンの新ユニホーム姿で登場。指揮を執る田村雄三新監督は「チームが掲げる『魂の息吹(いぶ)くフットボール』に全力を尽くす」と語り、天皇杯全国大会出場、日本フットボールリーグ(JFL)昇格などを見据えた活躍を誓いました。

同FCを運営するいわきスポーツクラブの大倉智社長(同FC総監督)が17年シーズンの運営方針や、中学生のジュニアユースチーム、女子のジュニアユースチーム「フェアリーズ」を含む教育・人材育成プログラム「いわきFCアカデミー構想」の概要を発表しました。大倉社長は「100年続くクラブのカルチャーを創る年にしたい」と話しました。

発表会は、同市常磐上湯長谷町の専用グラウンド「いわきFCフィールド」の隣接地で建設が進む「いわきFCクラブハウス(仮称)」で開かれ、オフィシャルカフェなど施設内部が関係者に初公開されました。

いわきFC2017シーズン新体制発表 #iwakifc #いわきFC #3山下 #10平岡 #7片山 #6平澤

いわきFC / IWAKI FC Officialさん(@iwakifc)がシェアした投稿 –

外部リンク

いわきFC OfficialSite
https://iwakifc.com/

関連記事

東北のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews TOHOKUの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です