伊達政宗生誕450周年のロゴを作成/宮城

伊達政宗の生誕450年を記念してロゴマーク制作したことを20日に発表しました。ロゴの種類は2種類で、一つはむすび丸、もう一つは伊達政宗をモチーフにしたデザインになっています。

制作に関わったのは、プロデザイナーと県産業技術センターで働く職員で、両者ともに宮城県を代表して活躍しているメンバー。伊達政宗の生誕450年記念のロゴを使用し、宮城県ならではの食材や土地、観光地などを全国に広める取り組みを民間事業にも協力・実施することを目的としています。

県から許可を得れば、ロゴの使用は無料です。ポスターやパンフレットに起用することで、宮城県の歴史や文化、観光キャンペーンを全国に発信することができます。3月20日には仙台市青葉区の仙台国際センターで、伊達政宗生誕450年記念イベントと政宗にゆかりのある文化財などが日本遺産に認定されたことを記念したシンポジウムが開かれます。

関連記事

東北のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews TOHOKUの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です