アクアマリンふくしま大規模改修/福島

福島県はアクアマリンふくしま(いわき市)を大規模改修すると発表しました。メインの展示コーナー「三角トンネル」の延長を12メートルから2倍の24メートルに延ばし、深海生物の展示などを充実させるということです。来年1月までに改修を終える予定。

増設部分では、シーラカンス調査などで培った深海研究のノウハウを生かし、福島県沖の深海に生息している生物などを展示します。平成29年度の早い時期に設計、施工業務を発注します。工事は営業を続けたまま進める方針です。

安部義孝アクアマリンふくしま館長は「福島の海の豊かさを強調する施設整備を進めたい」と話しています。
アクアマリンふくしまでは、来年11月に世界水族館会議が開催され、県生涯学習課は「館内の魅力を高め、県内外のファンの関心を集めたい」としています。

アクアマリンふくしまPR動画

公式サイト

アクアマリンふくしま
http://www.aquamarine.or.jp/

関連記事

東北のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews TOHOKUの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です