男性救命士 持ち出した資機材で違法点滴/福島

いわき市消防本部の男性救急救命士が自宅で体調不良の同僚に対し、職場から持ち出した資機材で点滴を行っていたことが16日午後、分かりました。同本部は事実関係を確認の上、処分を検討しています。

同本部によると、男性救急救命士は昨年12月中旬、自宅で同本部職員2人、市立総合磐城共立病院の看護師2人と飲酒し、同僚の1人が酩酊(めいてい)状態となったため、持っていた注射針と輸液セットを使いました。
救急救命士は公務で、医師の指導がある場合に限って点滴行為が行えるため、救急救命士法にも触れます。1月下旬に同本部への報告があり、事態が発覚しました。男性救急救命士は点滴をしたことを認めています。草野正道市消防長は取材に対し、「市民の皆さまに不安とご迷惑をおかけし、大変申し訳ない」と話しました。 看護師の1人も点滴に及んだとされ、共立病院も看護師が一緒にいたことを把握しており、当時の状況を調査しています。

ニュース動画

関連記事

東北のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews TOHOKUの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です