薄磯海水浴場、今夏再開へ/福島

いわき市は16日までに、今夏の市内海水浴場開設について、新たに薄磯海水浴場を盛り込む方針を固めました。東日本大震災の津波被災に伴う復旧工事のめどが立ったことが理由で、震災以降の再開としては勿来、四倉に次いで3カ所目となります。

いわき市によると、震災前の平成22年には市内10海水浴場に80万1413人の入り込み客があり、薄磯は最も多い26万3338人が訪れました。
23年は津波被災に加え、東電福島第一原発事故の影響もあり、全てで開設を見送り、24年は勿来のみ、25年からは四倉を加えた2カ所を開きました。 清水市長は再開について、「海水浴は夏の観光のメイン。薄磯海水浴場の開設は地元の要望もあり、にぎわいの創出になってほしい」と語りました。

外部リンク

薄磯海水浴場 いわき市 観光情報サイト
http://kankou-iwaki.or.jp/

関連記事

東北のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews TOHOKUの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です