ドローン輸送で楽天と連携/福嶋

福島県南相馬市とインターネット通販大手の楽天は16日、最新の情報技術を活用した小型無人機「ドローン」による物流システムの構築など8項目を盛り込んだ包括連携協定を結びました。同社と県内自治体の協定締結は同市が初めてで、協定を通じて人的交流や物品販売の促進など地域活性化などを目指します。

ドローンについては同社などが1月、同市でドローンの物資輸送の実証実験を成功しました。今後は、両者が協力し、実証実験のほか、ドローンの飛行ルートの選定などに取り組み、ドローンによる物資輸送の実現を目指します。
締結式では桜井勝延市長と楽天の虎石貴執行役員が協定書に署名しました。調印終了後にはドローンのデモンストレーションが行われ、桜井市長は「協定を通じて人材育成や観光交流、物販販売など、市内外の交流が活発になっていく」と意義を語りました。

外部リンク

楽天株式会社と包括連携協定を締結しました – 南相馬市
http://www.city.minamisoma.lg.jp/

関連記事

東北のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews TOHOKUの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です