東京で『会津産イチゴ』PRイベントに初出展/福島

会津若松市北会津町のイチゴ農家でつくる「宮袋いちご研究会」は25日、東京・青山で毎週開かれているイベント「青山ファーマーズマーケット」にイチゴを初出展し、福島県の風評被害払拭や会津産イチゴのPRに力を注ぎます。

宮袋いちご研究会は2014(平成26)年度に「豊かなむらづくり顕彰」(県、福島民友新聞社主催)を受賞しました。現在は日本橋の福島県のアンテナショップ、日本橋ふくしま館「ミデッテ」に定期的にイチゴを出荷しています。

出店する青山ファーマーズマーケットは毎週全国の農家が農産物や商品を出展するイベントです。
本県産イチゴの普及と他県の農家との情報共有を目的に会津若松市に相談し、出展が決まりました。当日はイチゴだけでなくジャムなども販売します。
同研究会代表の白井和人さん(53)は「福島の寒い地域でも甘くておいしいイチゴが育つことを知ってほしい」と意気込んでいます。

関連記事

東北のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews TOHOKUの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です