地域づくり団体に助成金「活性化応援プログラム」創設/東北


(東北電力サイトより)

東北電力は地域の課題解決に取り組む団体に活動資金を助成する「東北・新潟の活性化応援プログラム」を創設し23日、支援希望団体の募集を開始しました。5月10日まで受け付けます。原田宏哉社長が23日、仙台市の本店で開いた定例記者会見で明らかにしました。

人口減少や少子高齢化が進行する中、地域の振興や発展に貢献するため設けました。東北6県と新潟県で自主的に「地域産業の振興」「地域コミュニティの再生・活性化」「交流人口の拡大」に向けた活動を2年以上展開している団体が対象です。

一次、二次、最終審査を経て、各県1団体の計7団体の支援先を選びます。最も地域の成長や発展へ期待ができる1団体に特別助成金100万円、その他の6団体には助成金30万円を支援します。募集要項は東北電力のホームページで公表しています。

プログラムを3年間実施し、制度の有効性を評価・検証した上で継続を検討します。

外部リンク

平成29年 東北電力「東北・新潟の活性化応援プログラム」|東北電力
http://www.tohoku-epco.co.jp/sprogram/

関連記事

東北のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews TOHOKUの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です