磐城農高生が栽培ほのぼの運動協にワスレナグサ800株渡す/福島

磐城農業高は24日、「第4回忘れな草プロジェクト」を主催する「ほのぼの運動協議会」(本部・東京都渋谷区、大河原毅理事長)に、同校の園芸科草花専攻班の2年生13人が栽培に協力したワスレナグサ800株を手渡しました。

同プロジェクトは、「忘れないで、東北を」をキャッチフレーズに掲げ、ワスレナグサに〝震災を忘れない〟という願いを込め、大震災から3年目の2014年にスタートしました。同校はプロジェクト開始時から参加協力し、4年連続でワスレナグサの栽培や都内での鉢植えのチャリティー配布にも参加協力しています。

手渡し式は同校で行われ、同協議会の中川達司常任理事らが来校しました。中川常任理事は「立派に育てていただきありがとう。震災の経験を忘れないよう、この事業を継続していきたい」とお礼の言葉を述べました。

外部リンク

一般社団法人ほのぼの運動協議会/支援・寄付活動/東日本大震災関連プロジェクト
http://honobono-undo.org/wasure/2017.html

関連記事

東北のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews TOHOKUの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です