『ふくしま浜街道・桜プロジェクト』看板設置/福島

浜通りを南北に貫く国道6号沿いなどに桜を植える『ふくしま浜街道・桜プロジェクト』を発信しようと、NPO法人ハッピーロードネットは広野町の常磐道広野インターチェンジ近くにある広野さくら公園に看板を掲げました。公園で22日、除幕式を行いました。看板設置は初めてです。同法人は今後、設置場所を増やす計画です。

看板には、原発事故の影響により3月末で休校となる双葉翔陽高(大熊町)の3年生が描いた絵画を盛り込みました。美術の授業を選択した6人が昨秋から制作を進め、桜を植樹した全生徒12人で仕上げました。里山と海を望む同公園の風景から着想し、家族連れが満開の桜並木で花見を楽しむ様子を表現しました。

看板の大きさは横2メートル、縦1メートル(土台を含む高さは約2メートル)で園内に同じ物が2枚設置され、高校生の絵画を生かしつつ、30年後に浜通りが桜並木で彩られる未来をイメージしました。

ふくしま浜街道・桜プロジェクトの動画

公式サイト

http://www.happyroad.info/

関連記事

東北のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews TOHOKUの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です